2021年6月16日 (水)

ホテルと食を楽しむ、ちょっと変わった奈良の旅(下)

さて、奈良の旅の後半です。2日目はいよいよ今回のメインの目的である、オーベルジュに向かいます。

Img_0807x

大神神社の近くで三輪そうめんをいただいた後、再び万葉まほろば線」に乗って、桜井駅へ。この駅からタクシーで15分ほど、周囲に目立った建物が何もない…という田園風景の丘の上にある「オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井」が本日の宿です。

この全9室のオーベルジュ、奈良県が運営するフレンチなどの「食」と農業を学べる「なら食と農の魅力創造国際大学校」(2016年4月開校)に併設された施設で、「指定管理者としてひらまつがオーベルジュの運営を行います」とのこと。「ひらまつ」といえば、オレが勝手に「料理界の劇団四季」と呼んでいる、フレンチなど高級レストランを全国に展開するレストラン業界の雄ですが、最近ホテルも全国に続々とオープン。その皮切りとなったのが、この奈良県桜井市のオーベルジュなのです。

ちょっと贅沢して、今回お部屋はスイートに。各部屋にテラスが設置されていて、周囲ののどかな眺めが楽しめます。目の前は水田。そうそう、関西って、6月の梅雨の時期に田植えなので、これからなんですよね。このロケーション、オレはかなり気に入りました(^^)。

Img_0823d

広々リビングはソファーもあって、ゆったり寛げます。これの横にダブルベッドが2つの寝室があります。リビングにも、寝室にも50型?ぐらいのでかいテレビが!でもまあ、こういうところでは、全くテレビは観ないのですが^^;。

Img_0825d

鷺や鳶が水田に遊んだり、さまざまな蛙が鳴いたりするのを見聞きしながら、テラスでゆったりと持参したシャンパンなんぞを飲んでいるうちに、ディナーの時間です。食事は橿原市街と桜井市街の夜景が望めるメインダイニングで。まずは「ガーデニング」というタイトルのアミューズから。植木鉢やガラスの器以外は全部食べられる、ちょっと遊び心のあるお料理です。

Img_0827d

お次は、モンゴウイカと青紫蘇のお料理。身の厚いイカの食感が、紫蘇やキャビアとよく合います。お皿の周囲にぽつぽつあるのは、白いバルサミコ酢なんです。

Img_0829d

たこ焼きみたいですが、奈良名産の大和芋の中にフォアグラを入れて揚げたもの。これをトリュフと一緒に大和牛(そんなブランド牛が今はあるんですね〜)でとったコンソメに浸していただきます。うんまい!

Img_0830d

さて、このオーベルジュのディナー、奈良県産の野菜や肉がふんだんに…はそうなのですが、もう一つの特徴は、奈良の地酒とフレンチのマリアージュが楽しめること。お酒はペアリングでお願いしたのですが、最初にアルザスのリースリングが出た後は、3連続でみむろ杉と篠峯の日本酒が!これがまた、和のテイストが入った料理によく合うのです。

Img_0832d Img_0834d Img_0835d

さて、少し酸味のある篠峯と合わせるのは、イサキの「大和当帰鍋」。皮目を炙ったイサキを野菜コンソメの冷たいスープでしゃぶしゃぶさせて、お醤油ベースのタレやミソでいただく一品。面白〜い。

Img_0833d

みむろ杉の純米大吟醸と合わせるのは、金魚に見立てた白身の魚と地場のフルーツトマトの一品。これが見栄えだけじゃなく、酸味&旨味のバランスがほんとに絶妙で。

Img_0836x

お肉料理は大和牛のとうもろこし燻製。ストーブの鍋でとうもろこしの煙を吸ったお肉は、香り高くてジューシー!さすがにこの料理には、ボルドーの赤ワインを合わせましたよ。

Img_0837x

デザートには奈良県産のびわを使ったものも。びわって、めちゃめちゃ旬の期間が短いですが、好きなんですよね〜。

Img_0839d

ポーションもちょうど良く、料理内容もクリエイティブで、さらに日本酒とのマリアージュという目新しさも。いや〜、とても楽しかったです。

さて、朝になって、少し色づいた空が水田に写る様子を眺めながら、テラスでモーニングコーヒー。最近定番ですが、部屋にネスプレッソコーヒーマシンがあるんですよね。

Img_0842x

朝食はサラダにかぼちゃのスープにパン。そして卵料理は、オムレツかガレットの選択です。ガレット、美味しかった!

Img_0845x Img_0846x

ロケーションに料理、部屋にホスピタリティと、どれをとってもここは高得点の宿でした!

さて、飛行機の時間までに寄れるところは…と、この季節はあじさいが美しい長谷寺に行くことに。このお寺も桜井市にあるのですが、近鉄電車に少し乗って、駅からかなり歩いて到着…と思ったら、さらに境内を上がります^^;。

Img_0848d

本堂の観音様にお参りした後は、境内の中のいろいろなところにあるあじさいを散策することに。

Img_0850d_20210616110101 Img_0851d Img_0852d

この長谷寺は「花の寺」とも呼ばれていて、桜は牡丹が有名なんです。実家と同じ近鉄大阪線沿線ということで、子供の頃はよく家族で訪れていた…という記憶はあるのですが、具体的な映像は何一つ覚えていなくて…。今回、本当に久しぶりにきれいな花々を堪能することができました。どの季節にも何らかの花がある非常に大きなお寺なので、「オーベルジュ・ド・プレザンス 桜井」に行くならば、ちょっと寄ってみるといいと思いますよ(^^)。

 

 

| | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

ホテルと食を楽しむ、ちょっと変わった奈良の旅(上)

コロナ下ではありますが、安い国内線の航空チケットを購入しちゃっていたので、関西へ。のんびりとホテルと食を楽しむ奈良の旅を楽しんできました。

Img_0850d

乗ろうと思っていた朝の便が一カ月も前に欠航が決定。で、振替便は4時間遅れで、奈良市街への到着は16時あたりに。初日の観光は諦めて、ホテルに直行します。宿は前から泊まりたかったクラシックホテル・奈良ホテルです。

Img_0815d

外観は和の要素たっぷりの、堂々たる木造建築!で、中はもちろん洋風なのです。フロントからしてこんな感じ。

Img_0817d

ロビー的に使える待合室もクラシック。

Img_0814d

びっくりなのは、廊下の広さです。ちょっと他のホテルにはないですよね。

Img_0811d

お部屋はちょっと広々としたツインにしてみました。ベッド、しっかりクッションでとても寝やすかったですね。あとお風呂やトイレなど水回りは完全に最新のものにリフォーム済。快適そのもの!

Img_0798d

2階の部屋。窓からは若草山や興福寺の五重塔が見えます。写真の右が若草山ですね。

Img_0800d

さて、夕食は街の中で…ということで、近鉄奈良駅の駅前から伸びる東向商店街にある「酒房 亜耶」へ。豊富な海産物と奈良のお酒を気軽の楽しめるお店です。お酒は篠峯や百楽門、山鶴などをしっかりと。なぜか写真はポテトサラダ…^^;。

Img_0803d

帰りがけ、猿沢池のほとりの道の街路樹に灯りがともされていたり、興福寺五重塔がライトアップされていたり。奈良の夜は店が閉まるのが早いのが難点なのですが、ぷらぷらお散歩するのも楽しいです。

Img_0806x Img_0808x

夜見るホテルの玄関も、またカッコいいですね。

Img_0810x

さて、翌朝。朝食はホテルのメインダイニングでいただきます。和食か茶粥か洋食か。やっぱり奈良らしくということで、茶粥にしてみました。緑茶でしっかり炊き込んであります。

Img_0813d

雨だったこともあって、奈良市街の観光はパス。次の目的地、桜井市に向かいます。ホテルからJR奈良駅までタクシーで、そこからの「万葉まほろば線」の三輪駅で下車。駅前の食堂に荷物を預けて、大神神社に参拝します。実は大阪出身のオレ、子供の頃の初詣はいつもここだったのです。超久しぶり!ここの神社、拝殿には御神体はありません。三輪山自体が御神体なのです!すげ〜。

Img_0819d

この日本最古の神社・大神神社は、お酒の神様でもあって、全国の酒蔵に杉玉を送る「送り手」でもあるのです。そして、拝殿や祈祷殿には杉玉が飾られています(写真は祈祷殿の杉玉)。

Img_0820d

本当はこの神社の近くに蔵を持つ「みむろ杉」の今西酒造の蔵や神社を巡るツアーに参加したかったのですが、今は休止中。今西酒造の参道店の方に聞くと、コロナが原因というよりは、まだ造りをやってたり、蔵の改装などで人手が足りないことが原因のよう。ちと残念でした。でも、お酒はしっかり買ってきましたけど(^o^)。

さてお昼はやっぱり三輪そうめんですよね。参道辺りにいろいろお店があるのですが、「そうめん処 森正」へ。築100年の家の庭を使ったお店でいただけるのは、にゅうめんや冷やしそうめん。見た目も涼しそうでしょ。

Img_0822d

さてこのあとは、今回の旅のメインイベントのオーベルジュへ…なのですが、長くなってきたので、この次に(^o^)。

 

 

 

| | コメント (0)

2021年6月 9日 (水)

白老牛をリーズナブルかつ美味しく味わってきたよ!

あまり籠もっているのもなんなので、白老町の「ファームレストランウエムラ ビヨンド」へ。ウエムラ牧場直営のこのレストラン、以前は牧場の中にあったのですが、昨年6月にウポポイに近い今の場所に移転したんですよね。

ダークな色調の木の家具が生み出す落ち着いた雰囲気の店内。さて、何を食べようかな〜。以前から定評があるのはハンバーグですが、思い切ってステーキも食べてみてもいいし、ステーキ丼もあるし…と悩んだ末選んだのが、「白老牛ファームレストランセット」(2420円)。ハンバーグもステーキも、牛丼も食べられるという迷いがちな人のための、とてもリーズナブルなメニューです(^^)。

なんと前菜もでます。コレ、牛肉のお寿司です。うんま!

Img_0778x

そしてメインの3品が載った鉄板が到着!

Img_0779x

ステーキといっても、この薄さは…というのは、ご愛嬌。薄い分、早く食べきゃ、鉄板からの熱が通り過ぎちゃうかも^^;。下に敷いてある玉ねぎをくるんで食べるのが、ぴったりです。ハンバーグはさすがの美味しさ!すごくシンプルなんですけど、味わい深いのは、やっぱお肉の力なんでしょうか。そして牛丼(の具)も。ご飯はおかわり自由。小盛りだったのもあったので、2杯も食べちゃいました(^o^)。

民族共生象徴空間「ウポポイ」のすぐ近くなので、ここに行く時のランチに…というのもいいかも。これからのドライブの季節に、ぴったりかと。

| | コメント (0)

2021年6月 1日 (火)

弟子屈ラーメンの新しい挑戦を味わってきたぞ!

丹念に作られた味が人気の「弟子屈ラーメン」。その発寒店が新しい麺料理を提案する店「RAMAT(ラマッ)」として、この4月にリニューアルオープンしました。ラマッというのは、アイヌ語で「魂」「命」の意味だそうです。

リニューアルに伴って、この店ならではの麺メニューが登場。今日は看板メニューのひとつ「RAMAT白 阿寒ポークベーコンの白湯バジル麺」980円を食べてみました。じゃーん。

Img_0784d

塩気がけっこう利いた乳化白濁スープは魚介の風味。緑のソースはジェノベーゼなので、しっかりバジルの香り&味が。ニンニクもがっちりアクセントになっています。かき混ぜていただくと、もっちり太めの麺にスープが好相性!燻製の香りの強いベーコンやきのこの具材も、いい感じで口の中に響いてきます。うん、このインパクトは、リピート、アリアリですね(^^)。

RAMAT赤というのもあって、こちらは「阿寒ポークベーコンのスパイス麺」980円。あとアイヌ語の店名らしく、アイヌの代表的料理・オハウをラーメンに仕立てた、「鮭の汁物」(チェプ オハウ)950円、「鹿肉の汁物」(ユク オハウ)1100円も。

なかなかレギュラーでアイヌ(風)料理を出すお店がない中、このメニューのチャレンジは凄いですね。ちょくちょく通って、まずはこの辺を全て制覇しなければ\(^o^)/。


 

 

| | コメント (0)

2021年4月20日 (火)

大将が楽しい、すすきののカウンターの和食を味わってきた(^o^)v

ちょっと和食が食べたいなぁということで、行ったことがなかった「貴水」へ。カウンター10席のみの、こじんまりとしたお店です。

カウンターの中には大将ともうひとりお兄ちゃんが。二人ともとっても愛想がよくて、初めてでもすぐに馴染んじゃいます(^^)。

コースは1万1000円から。道産のみならず、全国の旬の素材が次々と。味もポーションも、いい感じです。この日はお刺身も、ニシンの焼いたのとか、ホタルイカとたけのこが特に美味しかったですね。

Img_0507x Img_0508x Img_0510x Img_0512d Img_0514d Img_0515x

日本酒もいろいろとこだわりが。カウンターの上で冷えているものや、冷蔵庫の中のものなど、いろんなお酒を相談して注文することができます。

Img_0509d Img_0511d Img_0513d

〆の雑炊の後には、こんな練りきりが。これも、なかなか珍しいですよね。

Img_0517d

気取って…というよりは、楽しく大将とかと話ながら、美味しいものを日本酒と一緒にいただけるという感じ。それもそのはず、ちゃんとミシュラン1つ星だったりします(^o^)。ちょっとお値段が高めなので、普段使いにはなかなか…ですが、何かの記念日にいいかも。

 

| | コメント (0)

2021年4月14日 (水)

ウチ近くにできたカフェがとってもレベルが高かった(^^)。

町内会の寄り合い後のランチに、ウチ近くに半年前にオープンしたカフェ、「chiba house」 へ。

白の壁にシックな色合いの木のテーブルと椅子。大きなスピーカーには真空管アンプがつないであって、いい音で音楽が流れています。なんかセンスいい!

ランチはスパイスプレート(1200円)。チキンの入ったスパイスカレーに豆のスープ、ご飯、野菜の料理が2品、そしてドリンクが付きます。

E85a7412d10f47c98f7d40de91ecacd8

あれ、なんか琥珀色の液体が…^^;。プラス250円で、ドリンクをグラスワインかハートランドビールに変えることができます。

このカレー、新鮮なスパイスの味が炸裂していて、超美味!豆のスープは薄味で、そのまま食べてもよし、辛い!と思う人はカレーに混ぜて食べてもよしです。野菜のおかずのニンジンのクミン和えとムラサキキャベツのマリネも、なかなかイケます。

いや〜、キッシュとか他のフードメニューも期待できそう。選りすぐったブランデーやウイスキーとコーヒーのマリアージュセットなんていう、他ではちょっと見たことがないメニューも。他にもアルコールが置いてあって、軽く飲んで食べることもできそうです。

おかっぱ髪のオーナー(♂)は、ちょっと神経質そうだけど、料理の腕がいいし、居心地もいいし。今度は休みの日の夕方に行ってみたいなぁ…と思いましたよ(^^)。

| | コメント (0)

2021年4月 6日 (火)

新しいNHK札幌放送局近くの人気町中華に行ってみた。

意外と多い、札幌の町中華。ウチから歩いて4分のところにある「厨華房 曼田林(ちゅうかぼう まんだりん)」、先日初めてランチに行ってきました。

2人にもアクリル板ばっちりの店内。12時ぴったりに行ったのですが、8割がたテーブルが埋まってます。百貨店勤めの方にあんかけ焼きそばが美味しいと聞いていたので早速注文しようとすると、「ランチセットにしますか?」と聞かれます。

単品もランチセットも値段は820円で同じ。で、ランチセットにすると、ご飯と一品おかずが付いてくるのです。今日は麻婆豆腐とのこと。ちょっとカロリーが気になりましたが、知らぬ間に「はい、ランチセットで!」と言っている自分がいました^^;。で、これです。Img_0595d

ご飯も麻婆豆腐も少量でちょうどいい感じ。肝心のあんかけ焼きそばですが、麺の焼き具合は完璧。餡は最初は味が足りなくて頼りない感じがしましたが、しっかり麺と混ぜて食べ進む内に、いろいろな具の味も混ざってきてちょうど良い感じ。とにかく味が濃くてぎとぎと!というのとは、対照的なお味でした。麻婆豆腐もマイルド!

これなら他のお料理も期待できそう〜。今度は夜呑みに来よう!って思っちゃいましたね(^^)。

 

| | コメント (0)

2021年3月30日 (火)

札幌市街からたった50分の極上温泉リゾートホテルに行ってきた(^^)。

なんやかんやで慌ただしかった3月。ちょっと癒やしを求めて、「奥定山渓温泉 佳松御苑」に行ってきました。

昔は高級和風旅館として知られた佳松御苑・吉兆。万世閣などを展開するハマノホテルズの手によって新築、近代的な温泉リゾートホテルとなって、2018年に再オープンしました。特徴は全室広々のスイート仕様で、お風呂はお部屋の展望温泉のみ(大浴場がありません)。そして夕食はイタリアンのコースなのです。

例によって14時のチェックインスタート直後に宿に到着。男女とも若いスタッフが多く、若々しく、でも丁寧に出迎えてくれました。客室フロアは1階、2階、3階で、1階の2階の間にロビーフロアがあります。客室は寝室、眺めの良い畳敷きのリビング、そして洗面台&脱衣場、温泉、そしてテーブル&冷蔵庫などドリンクスペースという構造です。

Img_0578d Img_0579d

優れているのは、入口、寝室、リビング、洗面台&お風呂、デスクスペースそれぞれを、巧みに配置された引き戸によって、完全に他の部屋から見えなくすることができるところです。ほら、夫婦とかカップルならいいですが、ちょっと年頃の子供がいる家族の場合、そういう配慮もないとなかなか一緒の部屋には泊まれないかと…^^;。その辺、とても上手く作られています。もちろん全室、バリアフリー仕様です。

このホテルには前の高級旅館時代から引き継いだ3000平方メートルの敷地があるそうで、窓からは原生林の眺めがしっかりと。今は枯れ木&雪ですが、夏の青々をした緑もきれいだろうなぁ〜と思ったりします。

お部屋の温泉は源泉100%かけ流し。ちょっとぬるめでしたが、長々入って、持参したスパークリングワインを飲むにはぴったりでした!

さて、夕食は17:00からか、19:30からかの2部制。ロビーフロアにあるレストランでいただきます。オープン当初は品数も多かったようですが、今回いただいたコースは前菜、パスタ、魚料理、肉料理、そしてデザートといたってシンプル。ペアリングワインもお願いしていたので、料理に合わせて、3杯のグラスワインが付きました。

Img_0582x Img_0583d Img_0584x Img_0585x

前菜の鯛、パスタはホタルイカと、ちょっと道外の食材^^;。サクラマスは道産、お肉は余市の北島ポークでした。お料理は及第点の美味しさ。サクラマスのレモンの皮の入ったタルタルソースが良かったです。もうちょっと変わった料理も出るかと思ったのですが、立地とお客様を考えると、こんな感じが一番喜ばれるのかもしれません。

ペアリングのワインは泡がシャンパン、白がナパバレー、赤がイタリアのプリミティーヴォという品種のもの。結構もりが良くていいのですが、白が樽しっかりのワインで、ちょっとアンチョビ味のパスタとか繊細系のサクラマスにはガタイが良すぎた印象でした。

Img_0577d  

レストランを出たラウンジには暖炉?囲炉裏?もあって、写真はチェックイン時なので昼ですが、夜にはここに火が入っていい雰囲気。ここにはおにぎりやスープなどの夜食が用意されていて、ここで食べてもいいし、部屋で食べてもいいという段取り。コロナの影響で、バーの営業を自粛しているのが、ちょっと残念でした。

改めて思うのは、北海道にもラグジュアリーな温泉ホテルが増えたなぁ〜と。そして、どのホテルもおもてなしのレベルは、オレが札幌に来た時とは雲泥の差。とてもよくなっているのです。なんかの記念日とか、適当な理由の自分への慰労^^;とか、ちょっと贅沢気分を味わいたいときに、札幌から近くでいいと思いますよ〜(^^)。

 

 

| | コメント (0)

2021年2月22日 (月)

日本人シェフがミラノで星を獲った店の、こっちも一つ星の東京店のイタリアンに行ってきた!

久しぶりの東京出張。大学院時代の同級生(なのでトシはオレよりずっ〜と若い^^;)とご飯を食べることになり、彼女のチョイスで、神保町の一軒家イタリアン「ALTER EGO(アルテレーゴ)」へ。これがもう、超楽しかったです\(^o^)/。

本来、ディナーは1万5000円(税別)のコースのみ。ペアリングワインのコースは7000円。でも今はコロナの時短営業に合わせて、“Bentoteca ”というアラカルト&グラスワインの特別メニューで営業中です。

カウンターに座ると、ドリンクのリストが置かれていて、その表紙には二次元バーコードが。聞くと、食事のメニューはここからお店のインスタグラムのページを見て決めて欲しいとのこと。インスタやってないようなおじさんはどうなっちゃうんだろう…と思いつつ、IT好奇心が旺盛な自分に感謝しながらメニューを見ます(コレです)。

注文したのは、プンタレッラっていうイタリア野菜にブッラータチーズをあわせたサラダ、たっぷりペコリーノチーズをかけたホタテのフリット、パスタはTAJARINというピエモンテ州のたっぷり卵の入った細い黄色い麺にバターソース、上には24ヶ月熟成の生ハムたっぷりというもの。で、メインは越後もち豚の炭焼き〜という4品を。ちゃんと2人分にシェアして持ってきてくれました。

Img_0430d Img_0432d Img_0434d Img_0435d

さてワイン。スプマンテの乾杯から始めて、白、赤とお願いしたら、いろんなワインが開いていて、どんどん説明して勧めてくれました。「一杯の値段で2種類ちょっとずつもOKですよ〜」というので、結局飲んだワインは11種類!でもこれがめちゃくちゃ楽しくて。ドルチェのピスタチオのジェラートにもデザートワインを合わせちゃいました。

Img_0431d Img_0433d Img_0436d Img_0437d

シェフもスーシェフもソムリエ兼のマネージャーもみんな若くて、イケメンっぽくて(マスクなのでよくわからず…)。でもお店の雰囲気は明るくて、とても快適。後で調べると、ここ、ミラノの「Ristorante TOKUYOSH」という日本人の天才シェフ・徳吉洋二さんが出したお店の二号店だそうで^^;。今度はコロナが落ち着いた時に、ディナーコースとペアリングワインを味わいたいもんです(^o^)。

 

 

| | コメント (0)

2021年2月 8日 (月)

東区の大衆中華の雄に行ってきた!

「みよしの栄町店」に行ったついでに、せっかくだからと栄町で評判の大衆中華「玉林酒家」に行ってきましたよ。

地下鉄栄町駅から歩いてすぐ。看板から入り口まで真っ赤なお店なのですぐにわかります。

けっこう広い店内には小上がりもありますが、テーブルは満席。今回もそうしたのですが、予約してから行くのがいいみたいです。当日でも電話必かな。

さて、いっぱい食べましたよ〜。クラゲに鳥とカシューナッツ炒め、酢豚に小籠包、蒸し鶏にザンギ‥。なんか鶏肉が多いですね^^;。

Img_0396d Img_0397d Img_0398d Img_0399d Img_0400d Img_0401d

辛いのが名物と聞いていたのですが、結局辛い料理は頼まず。カシューナッツ炒めや酢豚などのお味は、むしろ優しい感じです。クラゲがしっかりしていて、食べ応えありました(^o^)。

そしてこのお店の名物、刀削麺!辛〜いのもあるようですが、今日は刀削広東麺にしてみました。こんな感じで、野菜たっぷり!麺がもっちりで、炭水化物中毒者には(オレ、多少その気が‥^^;)ぴったりです。一人では難しいですが、何人かで食べるのにぴったりですね〜。

Img_0402d Img_0403d

これら料理に、ビール飲んで紹興酒飲んで、3人でお代は1万円ちょっと。もうお腹パンパンです。やっぱり大衆中華飲み、体重は気になっちゃいますが、楽しいですよね\(^o^)/。

 

 

| | コメント (0)

«食感がたまらない「豆葉」の試食会に参加してきた!