2022年11月25日 (金)

京都のヌーベルシノワの先駆けのお店に行ってきた!

2年ぶりに京都へ紅葉狩りに。そして今回のもう一つの大きな目的は、京都のヌーベルシノワ(新しい中華料理というべきでしょうか)の嚆矢、「京、静華」さんに行くことでした。もう何年もの、希望だったのです。

というのもこのお店の宮本シェフは、札幌のこだわり中華「茶月斎」の小蕎シェフのお師匠さん。以前、小蕎さんにこの「京、静華」の素晴らしさを聞いていて、「予約、なかなか取れませんよ」と言われつつも、いつかは…と思っていたのです。それが今回、実現!

10席のカウンターのみのお店。スタッフも宮本シェフも奥さんもホスピタリティ満点の接客が心地よいです。お値段はそれなりですが、全然気取らずにお伺いできる雰囲気。

さてお料理です。まずは札幌ではタチ、京都では雲子(くもこ)と呼ばれる白子のお料理。絶妙な感じに火入れされたタチに餡がかかっています。下に敷かれた菜っ葉(なんだったっけ…)と一緒に食べると、まあいきなり天国!

Img_2241

次は剣先イカの炒めもの。シンプルな塩味なのですが、なんか奥深い滋味を感じるのです。

Img_2242

明石鯛のお刺身は、タレやナッツなどを合わせて中国風に。鯛の身の程よい弾力が口の中で気持ちよく。

Img_2245

サドルバックという品種の豚のチャーシュー。甘いタレが外に塗ってあって、ジューシーで。これは旨くないわけがないって一品です。

Img_2246

パパイヤの中には、フカヒレや中華ハムの入った上湯スープ。甘い身をこそげ落としながら味わうと、尖っていたスープにだんだんまろやかさがましていって…。

Img_2247

和牛のロース肉は、味を付けてしっかりロースト、レタスにネギと味噌と一緒にくるんでいただきます。

Img_2248

京都の前は浜松で店をやっていた宮本シェフ。浜松は餃子も名物で…と語りながら出してくる餃子の中身は、才巻き海老。すり身と海老そのままと両方がみっちり入っていて、めちゃ贅沢!シンプルな味付けで、いくらでもいけそうな餃子です。

Img_2249

そして1番仰天したのが、このハモ。麻辣的なソースの上に、骨切りしてさっと蒸した明石のハモを。ふんわり温かいハモが辛〜いソースとめちゃめちゃマッチ。パクチーとも合うんですよね。

Img_2250

〆に出てくるのはカニチャーハンと担々麺。大中小の分量を聞いてくれるので、お好みで。オレは中にしました(もうここまでで、かなりお腹いっぱい^^;)。

Img_2251 Img_2254

さてデザートに登場するのは杏仁豆腐。しかし!見た目は普通の杏仁豆腐ですが、濃度が全然違う!一生の中で、こんなに旨い杏仁豆腐は食べたこと無いっていうほど、美味しかったです。お代わりも可能(^o^)v。

Img_2256

こんな料理を、ワイングラスに入れてくれる甕出し紹興酒と一緒に。お酒の種類は少ないですが、ワインやビールもあります。

宮本シェフは小蕎さんからお聞きして予約したことを伝えると、札幌を訪れて小蕎さんと大通公園で再会したお話など、少し思い出話も。もし予約が取れるのなら、またぜひ訪れてみたい、いろんな魅力を持ったお店でしたよ\(^o^)/。

| | コメント (0)

2022年11月11日 (金)

余市へのワイン畑で贅沢体験をしてきた!

お誘いを受けて、「ヴィンヤードで収穫体験&バーベキューでよいちワインを知る旅」のモニターツアーに行ってきました。これは札幌観光バスと右腕カンパニーが、余市町のソウマファームと共同で開発しているツアーです。

出発は札幌駅。今回のモニターツアー客は合計6名です。大型バンのタクシーに乗り込んで、一路余市へ。高速道路が通ってから、余市までは1時間で行けるっていうのがいいですよね。ソウマファームのある登地区は、多くのワイナリーが集中するエリア。まずは案内を受けながら、ぐるりとタクシーで一巡りします。カルディが運営するキャメルファーム、さすがは大資本、広〜い。

Img_2194

リタファーム&ワイナリーの畑のいただきから。海が見通せるワイナリーっていうのも、とても珍しいとか。

Img_0849 

さて、いよいよソウマファームへ。11月上旬と遅いタイミングなのですが、この畑では収穫作業の最終日。ここで収穫体験を行います。 Img_0853Img_2202

一見もう葉が落ちて何もないように思えるブドウ畑ですが、まだちゃんと実が!甘みを凝縮して、余韻のあるワインにするために、収穫をギリギリまで遅くしているそうです。あ、ちなみにこのブドウはメルロー。6ha以上の広大な畑を持つソウマファームでは、その他にもソーヴィニヨン・ブランやシャルドネ、ケルナー、ゲヴェルツトラミネール、セミヨン、ピノ・ノワール、ツヴァイゲルトレーベを栽培しているとのこと。

オーナーである相馬さんの興味深い話を聞きながら、しわしわになった部分は取り除き、まだ生き生きしているところだけを収穫していきます。相馬さん、話、上手い^_^。

いつの間にやら、かごいっぱいの収穫をしていました^^;。

Img_2203

さて、次はお待ちかねのお食事&ワインタイム。基本バーベキューなのですが、もう外だと寒し、風もあるので、テントの中でのお食事です。

ここでの主役は鹿肉!余市町で「ベニソン工房EBIJIN」を営む明念大雄さんの鹿肉を使ったシチューやらローストやら。さらに明念さんが目の前で焼いてくれるのは、0歳の鹿のモモ肉、ロース肉、3歳雌のロース肉!

Img_0858 Img_0859 Img_0867

そしてそして、満を持して登場するのはハツ(心臓)とレバー!鹿のは始めてなんですが、どっちも超旨!特にレバーは絶品です。

Img_0870 Img_0872

もちろんこれらの料理に合わせてワインも!ソウマファームのソーヴィニヨン・ブランを、ランセッカ、ドメーヌ・タカヒコ、ドメーヌ・モンさんがそれぞれ醸造したワインが登場(左の3本)。同じブドウが醸造家によってこんなにも味が変わるのかと、ちょっとびっくり。色が濃く、オレンジワインとして仕立ててあります。赤はキャメルファームの「レガミ」。ツヴァイゲルトレーべとブラウフレンキッシュのとてもバランスの良いワインで、鹿肉のシチューなどにピッタリでした。

Img_0861Img_2210

食事の後は、ショッピングタイム!ソウマファームのブドウを使ったワインが、今日飲んだものの他にも平川ワイナリーのものが。オレは平川ワイナリーの白を購入しちゃいました(^o^)v。単になんとなくワイン飲んでる…というのではなく、ちょっとブドウの産地とか、生産者の思いとかも知ってみたいなという人で、さらに鹿肉が大好きならば、参加する価値がオオアリのツアー。

余市が札幌から近くなった今、こういったワイン絡みのツアーが、本州や海外からの観光客や、地元札幌の酒好き食い物好きからも求められるようになっていく気がします。いろいろなツアーがもっと出てくるといいですね^_^。

 

| | コメント (0)

2022年10月20日 (木)

沖縄のグルメリゾートで美食三昧&ホスピタリティ満喫!

十数年ぶりの沖縄。「ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ 宜野座」に行ってきました!

那覇空港から高速道路を使って車で約1時間の宜野座村にあるリゾート。周りには宿泊施設はない自然いっぱいのエリアです。

Img_2133

もちろんロケーションはビーチのそば。エントランスで車を降りると、カードで敷地内へ。レストラン棟にレセプション棟、そして宿泊棟が広々とした敷地に続いています。

Img_2115

海を見渡すちょっとした高台にある宿泊棟群は、あたかもどこかの島の集落のように配置されていて、なんだか落ち着きます。

Img_2136

今回宿泊した部屋はエグゼクティブツイン。テラスには椅子にベッド、そしてジャグジーバス!多くの部屋にジャクジーバスがあるのですが、どこも外から丸見えなので、入るには水着が着用とのこと。ちゃんと用意していきましたよ(^o^)v。

Img_2116d Img_2117d Img_2118d

リゾート内の施設はシンプルで、他にはプールがある程度。今回は比較的若いカップルが多く、中には一人とか二人の小さなお子様連れのファミリーも。プールで楽しそうに遊んでいましたよ。プールの横からは、ビーチに出ることができます。このビーチはウミガメの産卵地だそうで、砂浜にもなにやらミズガメが通った跡らしきものが…。

Img_2138 Img_2139

さて、夕食。もちろん「ひらまつ」ですから、フレンチのフルコース。でも沖縄の食材をふんだんに使用している、ここならではの料理の数々が登場します。例えば初日の夜の前菜に出たのは、宜野座村特産の車海老のナージュ。ナージュというのは泳ぐことだそうで、海老に火を通した煮汁が根セロリなどを加えられ、ソースに。車海老に載っているのは、クリスタルキャビア!旨味たっぷりの車海老の身に、塩味を抑えたスッキリ味のソースがめちゃめちゃマッチ!

Img_2121d

次に登場したのが、琉球鼈(すっぽん)のコンソメ・ロワイヤル。鱶鰭や宜野座産にてびちなんかも入っていて、味わいはすっきりなんですが、なんかエネルギーが湧いてくる味です。

Img_2122d

お魚料理があって、その次は肉料理。沖縄県産もとぶ和牛のローストです。付け合せは琉球あわび茸にリ・ド・ヴォー、早生蓮根。やわらかく味の深いお肉でした。

Img_2124

今回はちょっと気張って2連泊!2日目の夜もフレンチなんですが、これが言っちゃなんですが、初日を上回る絶品ぶり!特に気に入ったのは、これ。宜野座産海ぶどうの下はフルーツトマトと美ら海マグロと、カッペリーニ。これがまた瞬殺するほどの旨さ。このあとにも雲丹と冬瓜と蟹のスープだったり、鮑と沖縄産古代米のリゾットだったり、沖縄産伊勢海老のセジールや塩麹でマリネしたやんばる豚とか、いや〜沖縄産食材がこんなにも美味しいフレンチになるなんて。もう大感激です。

Img_2144

宜野座の海岸は東向きなので、早起きすれば(そして天気が良ければ)、こんな朝焼け風景も。マリンスポーツをバリバリ楽しみたい!という人には向かないですが、美味しいものを食べて、のんびり過ごしたいという人には、まあ天国のようなリゾート。ホスピタリティも満点で、ホントに居心地良かったですよ!

Img_2128 Img_2132

 

 

| | コメント (0)

2022年10月 1日 (土)

いろんな食材が味わえる優しい味のおまかせ中華!

周囲のいろいろな方が美味しい!と言うので、「中國料理 卓味」に行ってきました。ウチから歩いて15分程度と近場にあったりするんですよね。昔良く行ったHOPSのお隣です。

ホテルの料理長などを歴任後、光塩学園で教鞭をとっていたオーナーシェフの本田さんの、食材と技の豊かなお料理が味わえるお店です。本田さんがあべのの辻調出身というのも、大阪人のオレには親しみが持てるところ^_^。

さてお料理です。前菜は広東風のチャーシューがオレ好み。

Img_2082

ふかひれスープやエビの水晶炒めに続いて登場したのは、アナゴやホタテ、ムール貝やナスの広東伝統の味噌煮込み。濃厚な味噌味が魚介にマッチします。

Img_2085d

面白かったのは骨付き仔羊ロースの四川風米粉蒸し。ちょっとピリッと辛い味付けで、羊感がゼロ。こういう中華もあるんですね〜。

Img_2086d

一番印象に残ったのは、このレンコンや豚すね肉の入った滋養強壮スープ。せいろで蒸して作るこのスープ、雑味が全くなくて、とっても優しく深い味。これはまた飲みたい!って思いましたよ。

Img_2087

チャーハンの具は広東の中華ソーセージ。これがまた旨い!

Img_2088

デザートには自家製のマンゴープリンと月餅が。全8品のおまかせコースで税込み8800円は、とてもリーズナブルかと。ビールに紹興酒、ワインとお酒もいろいろな種類が揃っています。今回2種類の紹興酒を飲んだのですが、どっちも美味しかった!またメニューが変わる頃に(2ヶ月に1回変えるっておっしゃってたような…)、行ってみたくなるお店でした^_^。

 

 

| | コメント (0)

2022年9月23日 (金)

お久しぶりの美味しい札幌フレンチ!

とても久しぶりのフレンチの「バンケット」さんでランチ会。かなり前にオーナーシェフの若杉さんをお仕事で取材させていただいたことがあったりして、お食事にも行ったことがあったのですが、ちょっとご無沙汰していました^^;。

今回も道産の食材たっぷりのコース。アミューズと江別産赤パプリカのババロワの次からは、戸井産のブリのミキュイ、苫小牧産のホッキ貝ととうもろこしのリゾット、島牧産のヒラメのナージュと北海道の海産物三連発!道産海産物を様々な調理法で味あわせてくれる若杉さんの技、どれも流石の美味しさです。特にホッキ貝の磯の味をノイリーソースが巧みに包んでいるリゾットが絶品でした。

Img_2059 Img_2060 Img_2061

メインはフランス産の鶏、プーレ・ノワールだったのですが、デザートは新潟産のシャイン・マスカットに、札幌・山本養蜂園のハチミツのアイス、そして壮瞥産のレモン!のクリーム。白ワインのジュレがのってます。これも美味しかった〜。

Img_2064

フランスや全国の食材に、道産の食材を取り合わせた料理の数々を、たっぷり堪能できました。やっぱ若杉さんの料理は旨いわ〜。

 

| | コメント (0)

2022年9月17日 (土)

狸COMICHIに初めて行ってきた!

8月30日に狸小路2丁目にオープンした狸COMICHI。いろんな店が集まってハシゴ酒ができる「横丁」として賑わう場所ですね。今回はまず、弟子屈ラーメンさんが手掛ける新業態の炉端居酒屋「炉 APEOY」に行ってきました!

いろんなお店が、オープンテラスのような開放的な空間に並ぶ狸COMICHI。いろんなお店に入ってみたくなる感じが、うまく演出されています。Img_2047

さてそんな中、お目当ての「炉 APEOY」へ。2階になります。カウンターとテーブルがいくつか。やっぱり楽しいのは、目の前で炭火でいろんな食材を焼いてくれるカウンターの方ですね。

北海道らしい海の幸も豊富なのですが、やっぱりこの店の目玉となるのは、阿寒ポークのロースのチャップ焼き。どーんと400g1800円というのを頼むと、でっかい肉の塊を、じっくり炭火で焼いてくれます。で、このボリューム!


Img_0827

ドリンクはビールからサワー、ワインまで一通り。三千櫻や二世古など道産酒もあります。で、ここで是非飲みたいのが、「焼燗」。釧路の酒「福司」の上撰を、鳩の形の御銚子に入れて、炭火で焼いて高温の燗に。これが香ばしいというかなんというか、またたまらない美味しさ!

Img_2050

この後この鳩さん達は、しっかり炭で鍛錬されて、渋い感じに変わっていくんだろうなぁっと。そんな時まで必ず繁盛しそうな、なかなか素敵な居酒屋さんでした。今回はここだけでしたが、お向かえの餃子&小籠包の「富士山」さんとか奥の「花尻ジンギスカン」さん、一階の「ブライアンブリュー」さんなど、他にも行ってみたい店がいろいろ。また訪れること必至のスポットです。

 

 

| | コメント (0)

2022年9月 8日 (木)

北から南まで全国の日本酒を蔵元のお酌で味わえる会に行ってきたぞ!

9月4日に札幌グランドホテルで行われた「第一回札幌百仙会」。札駅北口の老舗居酒屋・味百仙とはせがわ酒店を中心に、まる鮨高雄しろなどのお店が協力して開催された、日本酒の祭典です。

北海道から鹿児島まで、全国50を超える日本酒の蔵元さん(一部ワイナリーやクラフトジンの蒸溜所も)が大集結!こういう感じのイベント、かつては会場の壁沿いにぐるりとテーブルがあって、蔵の札があって、お目当ての蔵のところに行ってお酒を注いでもらう…というのがパターンだったのですが、今回はなんと!蔵元さん(または杜氏さん)らが、酒瓶を持ってお客様のテーブルを回ってくるというスタイル。

料理もコース形式だったので、じっとしているとどんどん料理もお酒もやってくるという…^^;。ということで、飲みも飲んだり、ジントニックと白ワインも入れて、28種類のお酒を味わうことができました(^o^)v。いや、何飲んだか忘れると思って、飲んだ酒の写真を撮ったんでわかるんですよね。でも肝心のそれぞれの酒の味は、メモってないので忘れちゃってます。

ここの写真はその一部。実は2回、写っていただいている蔵元さんもいたりして^^;。

Img_1999 Img_2001 Img_2002 Img_2003 Img_2006 Img_2007 Img_2009 Img_2012 Img_2014 Img_2015 Img_2018 Img_2019 Img_2020 Img_2021 Img_2023 Img_2024 Img_2025

しかし、今の日本酒の味は、ほんとにバラエティに富んでいて、楽しんのなんの。昔の純米酒とは全然異なる軽やかなものだったり、酸味が感じられるものだったり。純米大吟醸にも、飲んだことがない味わいのものがあって、びっくりしました。なんか日本酒の未来は明るい!って、勝手に思っちゃうくらいのパワーを感じましたね〜。

また来年も開催される…というウワサも。来年は写真だけじゃなく、メモもとっておこうと思ってま〜す\(^o^)/。

 

| | コメント (0)

2022年8月15日 (月)

函館の坂の上の洋館で、絶品フレンチを味わってきた!

さて先日の函館滞在の目的は、「メゾン フジヤ 函館」でフレンチを食べること。

あの五島軒のある二十間坂を上がりきったところに立つこのレストラン、二階の窓から見下ろす函館の街や海がきれい。夕日の時なんか、最高にロマンチックです(^o^)。

Img_1929 Img_1931

一昨年オープンしたレストランなのですが、シェフの藤谷圭介さんはその前、札幌・狸小路のフレンチ「オプトゥニール K」で腕を奮っていたシェフ。この店には2回行ったかな。

で、2019年の暮に、シェフが函館の洋館をリフォームしたレストランに移るという噂を聞いていて、それ以来、行こう行こうと思ってて、ようやく実現したのです(長い^^;)。

さてお料理は、藤谷シェフらしい、ライト&クラシックなもの。紫蘇のカクテルはこの季節にぴったりの爽やかさ。「オプトゥニール K」でもいただいた、カスベをイカスミの衣でくるんでガラムマサラを利かせた「石炭ベニエ」も健在!

Img_1932 Img_1934 Img_1935 Img_1936

彩り豊かな野菜たちやふっくら焼き上がったスズキ、完璧な火入れの牛肉などを堪能。ワインは5杯のペアリングを頼んだのですが、料理と一緒にたっぷりと味わうことができました(つまりは量が十分だったということで…^^;)。

Img_1937 Img_1938 Img_1940

デザートの「マカロンの木」はこの店でも。写真はないですが、行ってのお楽しみで。

なんか函館に行く「理由」が一つ増えた感じです。「朝シャン」で有名なホテル「センチュリーマリーナ函館」から、観光気分で歩いて20分ぐらいっていうのも、いいですね\(^o^)/。

| | コメント (0)

2022年8月 5日 (金)

まさに至高のとんかつを、大阪の郊外の街で味わってきた!

実家のある大阪府八尾市に全国からグルメがわざわざやってくるとんかつ店があると以前から聞いていたのですが、今回家仕舞い準備で一人で誰も住んでいない実家に帰省したのをチャンスに、行ってきましたよ(前書き、長い^^;)。「とんかつ マンジェ」というお店です。

Img_1923


客席はカウンター12席のみで、1日昼70名、夜60名と客の人数も限定なのに、事前予約は一切不可。いきなり行って食べられない!って嫌ですよね。ぢゃ、どうするかというと、朝8:30に開始する予約台帳への書き込みを行うのが、一番確実。で、行きましたよ、電車乗って、バス乗って(実家と同じ市ながら、かなり離れているのです)、朝8:00にお店へ。すでに11人ほどの行列ができていました。

Img_1922

台帳に記帳したら、12時頃の2順目には入れるということで、11時40分頃に電話をくれるとのこと(開店は11時です)。それまではJR八尾駅前のコーヒー店でリモートでお仕事…。

で、電話があって、ちょっとお店で待って、11時50分頃にカウンターに。きれいなお店でコックスタイルの店主が全てを厳しく取り仕切っている雰囲気です。肉が違うとか変わりとんかつとかメニューがすごく豊富。普通のロースとかもあるのですが、皆さんせっかくなのでと、高い肉を頼む傾向があるようで。オレも思い切って、「至高のとんかつ盛り合わせ」のTOKYO-X(豚の品種です)&特上ヘレとんかつ3980円に。プラス500円で定食にして、さらに生ビール大も付けました!

定食の食べ放題のサラダの野菜がパリパリ。生ビールもサーバーの清掃が行き届いているようで旨い!そしてとんかつの登場です。じゃーん。

Img_1924

店主が目の前で衣をつけて揚げているのですが、二度揚げはせず一度だけ。揚げたあと少し寝かしたとんかつは、絶妙の火入れ具合。これって、店主が元々はフレンチのシェフだったことと、関係あるのかしらん…。

粗目のパン粉がジューシーに仕上がった肉にマッチ。TOKYO-X、脂の旨味抜群。さらに特上ヘレのやわらかさと旨味の深さは、ちょっと異次元の肉料理という印象。これらとんかつは、トリュフ塩やオリジナルソースなど、選んだ塩とソースでいただきます。ヘレとトリュフの風味は、とても良くマッチするのですが、やっぱりちょっと強すぎるかも。フルーツや玉ねぎが全面に出たオリジナルソースは優しい味で、とんかつの旨味を巧みに引き出しています。残りが少なくなるのを惜しみながらも、あっという間に出てきたとんかつを食べ尽くしちゃいました^^;。

定食のご飯も赤だしのお味噌汁も、たっぷり出されるお新香も美味しいです。店主が最高のとんかつ定食を目指しているというのも納得。でも夜行って、ゆっくりとんかつ肴に飲む…というよりは、昼に行って揚げたてのとんかつを素早く楽しむという店だと思いましたね。

正直、大阪に住んでいる人でも行きにくい場所(同じ市でも行きにくい^^;)なのですが、確実に食べる価値のあるとんかつ。でも、他のお店のとんかつを見る目が変わっちゃうかも…。いや〜、早くまた行きたい!

 

 

| | コメント (0)

2022年7月28日 (木)

鉄板で焼いた料理のあるイタリアンに行ってみた!

ちょっと前ですが、遅ればせながら「ORIGINAL DINING KENT,S」へ。4月にオープンしたのに、なかなか行けなかったんですよね。

グレーを基調にした内装、ゆったりとしたカウンターなど、めちゃカッチョいいってお店です。センスいいなぁ。

そのセンスの良さは料理にも。まずは夏に映える、こんなトマトのテリーヌなど!トマト、あっまーい。

Img_1894

このお店の特徴は、オープンキッチン&カウンターの前に鉄板があって、鉄板料理が味わえること。例えば、イカとキャベツの炒めもの。これはこれで、イカの風味たっぷりで美味しい(^o^)。

Img_1895 

でも真骨頂かな〜と思ったのは、この桜鱒のグリル。

Img_1896

まずは皮目のパリッと焼けた感じを楽しんで。ラタトゥイユのようなソースに合わせたりも。そして!左に見えるご飯と、奥に見えるダシを合わせて、混ぜ混ぜして食べることも。これが旨いね〜。

この他前菜盛り合わせやボトルの泡を頼んでも、2人で1万2000円程度と結構リーズナブル。で、驚くのはオーナーの山口さんの記憶力。たぶん一回か二回しかお会いしてないのに、オレの名前とかその時一緒だった人とか全部覚えてる!あーその能力の10分の1でいいから、欲しいなぁ\(^o^)/。

| | コメント (0)

«ナチュールで有名なあの店の2号店は、和食も美味しい居酒屋に!