« 色鮮やかで美味しい野菜たち♡ | トップページ | まさに今、ししゃもの季節!日高エリアにお泊りドライブしてきた。 »

2014年10月23日 (木)

秋らしい、鮭ときのこの炊き込みご飯

こんにちは。

もう、秋を通り越して冬??
今朝は冷え込みましたね
すっかり寒さにやられたのかカゼっぽくて・・・辛い、伴です
ですが、やらなきゃならないことが盛りだくさんなのでなんとか元気出して頑張らなきゃ!
さて、寒い時に食べたくなるのが鍋。
鍋で炊くご飯もいいですよね~。
ということで今回は炊き込みご飯を作ってみました。
鮭ときのこの炊き込みご飯

20141023_9_05_06

参考にしたのは栗原はるみさんの長男、
料理研究家であり㈱ゆとりの空間の代表取締役専務 栗原心平さんのレシピで
テレビ東京系の「男子ごはん」という番組で紹介されたものです。
と言っても、視聴したことはなくて、栗原心平さんについても初めて知りました
2世の料理研究科さん・・・けっこういらっしゃいますよね。
やっぱり、お母さんがお家でおいしい料理を作ると、子どもも興味を持つってことなのでしょうか?ね?
子どもは親の背中を見て育つんだなと再認識。
品行方正に生きていかなくては
そんなことはいいのですが、レシピは「おさらいキッチン」という、テレビ番組で紹介された料理レシピを詳しく紹介しているサイトで見たので、興味のある方は検索してみてください
ちなみに、このサイトも初めてみましたwww
おもしろいことを考えるものだなぁと感心。
レシピは秋鮭の生を使用していたのですが、わたしは紅鮭の山漬けを使用しました。
けっこう塩気が効いてます。
ところで、「山漬け」って聞いたことありますか?
普通の塩鮭とはちょっと違うんですよ。
多量の塩をした鮭をムシロで覆って10~20層に山積みして、さらにその上に重石をのせて加圧塩蔵するんです。だから水分が抜けて旨味が増すんです。
えりもには更に寒風干しという製法があって、その加圧塩蔵した鮭を塩抜きして干すらしいです。
えりもは風が強いことでも有名ですよね。
なので、こちらのスーパーには「寒風干し山漬け」なる商品名の鮭が売っているわけです。
まぁ、でも、スーパーで安く手に入る山漬けはそんなに熟成していないので大したことなくて、本物?本格的?なのは「これ、鮭?」ってくらいちーさくなって、すーごく塩辛くてビックリします。
それをチビチビ食べながらお酒を飲むのが通なんだそうです
残念なのはそこまでできる職人さんがもう少なくて、なかなか手に入らないんですよね~。
と、すっかり鮭の話が長くなりました

20141022_18_36_40

なるほど!と思ったのは、きのこ(今日はしめじ)は、炊き上がって火を止めてから入れて蒸すということかな。
いつも、一緒に炊き込んじゃってたんですけど、炊き込むとクタっとしちゃうので、この方法は良いです。
蓋を開けたらきのこの香りがふわっっときますよ。
あとは、レシピには無い高菜を勝手に足しました。
鮭と高菜は合いますよね~??
食べたくなってきたでしょ?炊き込みご飯。
炊飯器で炊くのは確実ですが、鍋で炊くのもやっぱりいいですね。

|

« 色鮮やかで美味しい野菜たち♡ | トップページ | まさに今、ししゃもの季節!日高エリアにお泊りドライブしてきた。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋らしい、鮭ときのこの炊き込みご飯:

« 色鮮やかで美味しい野菜たち♡ | トップページ | まさに今、ししゃもの季節!日高エリアにお泊りドライブしてきた。 »