« 2020年4月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月28日 (日)

芸森近くで味わうクリエイティビティ満点のフレンチ!

札幌芸術の森美術館の「蜷川実花展」のついでに、近くの「COQ(コキュウ)」というアキナガオプロデュースのモダンフレンチのお店でランチ。フレンチ、久しぶり!
渓谷沿いにあるこのお店、布を使ったおしゃれな製品も販売しているのですが、奥がレストラン。窓から美しい緑を眺めながらの食事が楽しめます。
さて、メロンとムール貝のスープから始まる料理はクリエイティビティ満点!
面白かったのは「玉手さんのポテト」。皿の上にはポテチが6枚!で、うち3枚にエビやバルサミコのフレーバーがかかっています。プレーンなポテチが超美味しくて、フレーバーも楽しくて。
糠につけたメヌケのポワレの次の、メインのお肉料理は豚のロースト。このソースに、ハーブ代わりのお茶を使っているのがポイント。プレーンな豚肉に、ちょっと癖のあるソースがぴったり^_^。
D32b47ae6da24794a149758a5261a505
お籠り後のクリエイティブフレンチ、気分が上がりました!

| | コメント (0)

2020年6月22日 (月)

飲み放題があるのにアラカルトが食べられるカジュアルフレンチ!

2019年の7月にオープンした「シティボーイ(City Boy)」は札幌フレンチの雄、アキナガオさんの最新店舗。おくればせながら、行ってきました!

カジュアルな雰囲気の店内は、開放感抜群。メニューはフレンチ。コースもありますが、なんと1480円の飲み放題もあるという画期的なお店。飲み放題の場合は一人2品の注文が必要になります。

今回はビール付きの1980円の飲み放題に。2人だったので、カルパッチョ、砂肝のコンフィ、鹿肉のパテ・ド・カンパーニュ、そして真鯛のパートブリックをメインにしてみました。じゃーん。

2716c21a37ea440d9fca92a21c21e599

パートブリックというのは、薄い小麦の皮に具材を包んで、焼いたり揚げたりしたもの。今回のは真鯛を包んだそれを、アメリケーヌソースでいただきました。うんまい^_^。

ゆっくり食べて、たっぷり飲んで、お一人様5000円はお値打ち。親しい人との気軽なディナーにぴったりですね。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年7月 »