« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月28日 (木)

春なので春らしい和食のお店に行ってきた!

出汁の美味しい料理を食べたいということで、「はなれ 味重」に。もう何年ぶりでしょうか。でもなんか美味しい和食っていうと、久しぶりにココって思っちゃったんですよね。

今回もカウンター席。板場には前回同様、女性の調理長さんです。お店も従業員さんもとっても清潔感があって、爽やかなんですよね。親方も刺身を切ったりと店には出ていましたが、ちょっと口数が少なくなった印象です。

さて、今回は1万円のコースをお願いしました。お料理は、デザートを入れて10品。富山の白エビのお鮨とか、滋賀の鮎の子供の天ぷらとか、そして山菜を天ぷらなどいろんな形で!お椀のたけのこ入りの海老真丈の上にあずき菜がのったのも、美味しかったな〜。こんな風に春を感じられるのが、和食の一番の良さかもしれませんね。

日本酒も小さな蔵を中心にいろいろ。秋田の花邑とか飲んじゃいました。この辺のお酒の揃え具合もいいんです。

また、なによりも、ポーションが少ないのが、中高年には一番の喜びかも^^;。また近い内に行ってみたいお店です。

Img_1717 Img_1718 Img_1719 Img_1720 Img_1721 Img_1722 Img_1723 Img_1724 Img_1725

| | コメント (0)

2022年4月21日 (木)

東京に遊びに行くのに、ぴったりのホテル、発見!

3月の末に東京へ。この時宿泊したのが、「ザ・ゲートホテル東京 by HULIC」。個人的には東京で泊まるのに、こんなにいい場所のホテルって、ないと思います。個人的にですが^^;。

というのも、東京で働いていた時、オフィスはずっと新橋〜有楽町界隈だったので。このJR有楽町の駅から近いホテルは、まさに庭?に泊まる感覚。こんな外観。数寄屋橋交差点の東急プラザの、皇居寄りすぐとなりです。

Img_1638

なので、ロビーとか部屋からは有楽町マリオンが目の前に。こんなところに泊まれる時代になるとは〜って感じなのです。ロビーのラウンジにはテラス席も。数寄屋橋交差点を見ながら、スパークリングワインを楽しんじゃいました^_^。赤尾敏が懐かしい…(と言っても、若い人はわからないでしょうが^^;)

Img_1636 Img_1640

お部屋はちょっとだけいいグレードの「クラッシー」に。ソファーとテーブルがあったり、なにより洗面台が2ボール!部屋もお風呂も広々していて、めちゃくちゃ快適です。

Img_1626 Img_1627

とにかくこのホテルはロケーションが最高!銀座で、買って飲んで食べてもすぐ帰れるっていうのが一番のメリットです。また周辺の東急プラザ銀座や有楽町イトシアにも飲食店がいろいろ。ヴィノスやまざきもあって、部屋飲みだって楽勝wです。

帝国劇場や東京宝塚劇場もすぐで、観劇にもぴったり。また日比谷公園や皇居も歩いて7〜8分で。朝散歩とか、とっても気持ちいいんです。この時、東京は桜が満開で、日比谷公園でもこんなにきれいに。

Img_1659

そして、部屋も広くて快適、スタッフも若い人ばかりでフレッシュ。肝心の料金も、今回1人1泊(素泊まり)1万3000円ぐらいとリーズナブル。料金は季節とかによって変動があると思いますが、決して高くなく、コスパがいいホテルだと思いますよ。また泊まってみよ!

 

 

 

| | コメント (0)

2022年4月14日 (木)

一品一品銘々でいただくフレンチのような中華のお店に行ってきた!

2022年3月にオープンしたばかりの「美食宝(メイアーレ)」に行ってきました。

場所は「blanc(ブラン)」と「yinzu(インズ)」があったところ…というと、わかる人も多いのでは?2つのお店が1つになって、ブルーを基調としたシックで落ち着いたまるでグランメゾンのようなインテリアに。でもいただけるのは、中華料理です^^;。

聞くと経営は変わったのですが、料理長はyinzuと同じ福村シェフ!ということで、コースはyinzu時代からの名物の「ミルクフリット」から始まります。

今回は一応お初なので、一番リーズナブルなコース「美藍(びらん)」8800円で。ミルクフリットの後には活海老の料理、小籠包などの点心、そして今日の魚料理と続きます。魚は軽く火を通した白身魚に山椒ベースのソースを絡めたもの。うん、美味しい!

Img_1691

道産豚肉の黒酢豚は、ロース肉とヒレ肉の肉の食べ比べができるという一品。

Img_1692

そしてお食事は、フカヒレの入ったパイタンの麺でした。さらにデザートが来る…という形です。

Img_1693

yinzu同様、ワインリストも充実。この日は3人でシャンパンを飲んで、12年ものの紹興酒を飲んで…という感じでした。どちらもボトルで7500円程度です。

普段使いにはちょっと敷居が高いですが^^;、記念日やお祝いごとなんかにはいいお店かも。ポーションが少なめで、最後まで料理を美味しくいただけるのは、中高年には嬉しいかもしれません(^o^)。

 

 

 

| | コメント (0)

2022年4月 6日 (水)

瀬戸内海ってこんなにキレイで美味しいっていうのを実感してきた^^;。

もはや先月のことになりますが、大阪の実家に帰ったついでに足をのばして、瀬戸内海に面した隠れ宿「懐石宿 潮里(しおり)」に行ってきました!

場所は兵庫県のかな〜り西の「たつの市」。赤穂市のちょっと手前(東ってこと)になります。JR網干駅から車で15分、あまり周りには何もない砂浜沿いにひっそりと立つ宿です。

でもさすがに窓からの瀬戸内海がキレイ。やっぱすごく穏やかで、遠景には島影が見えたりして。夕日もこんなに美しいんです。Img_1563d

ちょっと贅沢してはなれのお部屋を。和室に洋間、そして寝室もあるスイート作り。ベランダも露天風のお風呂もあって、のんびりできます。

Img_1562d 

さてここでいただくのは、目の前の海で採れた海の幸の数々。3月までは海にある筏で養殖している牡蠣が味わえるとのことで、今回は牡蠣づくし。鍋に蒸しにフライにご飯と牡蠣を満喫!ここの牡蠣は大ぶりでぷっくりしてて、加熱しても全然縮まないんですよね^_^。

Img_1564d Img_1567d

日本酒も地元・姫路の八重垣など全国からいろいろと。ワインもあったり、しっかり海の幸&お酒を楽しめました。

仲居さんに聞くと、北海道から来る人はほとんどいないとか。すごく珍しがられましたよ^^;。でも、すごくいいお部屋に泊まって、すごく美しい景色を眺めて、すごく美味しい海の幸を食べて、宿代がこれで3万円代って、なんかとてもリーズナブル。いろいろ足を伸ばすのって、やっぱ楽しいですよね\(^o^)/。

| | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »